2017年10月16日

イランが英国と国交断絶


イランは現在、核開発問題で米国やEUと自粛することで合意し、
国連の国際原子力機関(IAEA)の査察では核開発を行っていない
ことが確認されていますが、米国のトランプ大統領が生ぬるいと
表明し、一方的に協定を破棄すると言明しています。

現在は「核問題」になっていますが、65年前はイランが産油国
であるためその利権をめぐって「石油」が問題になっていました。

1952年10月16日、イラクと英国の間で協議されていた、イラクの
油田地帯に関する合意がまとまらず、イランが英国との国交を断絶
することを表明しております。


中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書) -
中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書) -

「個人主義」大国イラン: 群れない社会の社交的なひとびと (平凡社新書) -
「個人主義」大国イラン: 群れない社会の社交的なひとびと (平凡社新書) -

イラン人は面白すぎる! (光文社新書) -
イラン人は面白すぎる! (光文社新書) -

イランを知るための65章 エリア・スタディーズ -
イランを知るための65章 エリア・スタディーズ -
posted by gyuchan at 12:26 | 今日の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
運動は面倒!でもインスリンの世話にもなりたくないのであれば…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。