2017年03月09日

企業との癒着や酒と女で指名を拒否された米国国防長官


トランプ政権が発足してから、閣僚の指名を拒否される事例が
増えていますが、1989年3月9日、米国議会の上院で次期国防長官
の指名の同意を問う投票が行われましたが、先代のブッシュ大統領
が指名したジョン・タワー氏が過半数の賛成票を得られず、国防
長官に就任できないというハプニングが生じております。

日本では閣僚の不祥事などで大臣を辞任せざるを得なくなった
ケースが時たま発生しますが、米国でも身辺が清潔でないと議会
で摩擦が生じます。

ジョン・タワー氏は企業との癒着や酒と女の問題で槍玉にあげられ
投票結果は賛成が47票に対して、反対は53票に上りました。

政府の要職に就く場合の議会の対応は、日本に比べて米国は厳しく、
事前に適任かどうか徹底した議論が行われます。
オバマ政権下でも、3人の候補者が高官ポスト就任の同意が得られ
そうもなく断念した経緯があります。

なぜアメリカでは議会が国を仕切るのか?: 現役外交官が教える まるわかり米国政治

新品価格
¥1,728から
(2015/3/9 12:54時点)




米国議会の対日立法活動 1980〜90年代対日政策の検証 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
米国議会の対日立法活動 1980〜90年代対日政策の検証 - ぐるぐる王国DS 楽天市場店


【中古】米国議会と大統領選挙 - KSC
【中古】米国議会と大統領選挙 - KSC





スポンサードリンク
posted by gyuchan at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
運動は面倒!でもインスリンの世話にもなりたくないのであれば…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。