2017年04月01日

消費税の導入が始まる


年月が経つのは本当に速いですね。
今では、厭だなと思いながらも商品を購入するたびに8パーセント
の消費税を無理やり取られていますが、そのスタートは、1989年
の4月1日でした。

当時はまだ税率が3パーセントでしたが、その前の年の12月に税制
改革6法案が国会で自民党の強行採決で可決され、翌年度実施と
いうことで、4月1日から消費税が取られることになったわけです。

当時の首相は、「言語明瞭意味不明」と言われた竹下 登さんでした。
消費税が3パーセントから5パーセントになったのが1997年の4月1日
ですから、8年で上がったわけです。

それから20年が過ぎた現在は8%、さらに2019年10月には10%に引き
上げが予定されています。1000兆円もの赤字を抱えている国としては、
消費税のアップが一番たやすい財源確保の手段なのでしょうが、増税
をすれば当然消費は冷え込むでしょうから、景気対策をしていくらか
景気が上向きになっても、また、後戻りする可能性がありますね。 


消費税は下げられる! 借金1000兆円の大嘘を暴く (角川新書) -
消費税は下げられる! 借金1000兆円の大嘘を暴く (角川新書) -

消費税の実務と申告〈平成29年版〉 -
消費税の実務と申告〈平成29年版〉 -


消費税課否判定ハンドブック (平成28年版) -
消費税課否判定ハンドブック (平成28年版) -
スポンサードリンク
posted by gyuchan at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
運動は面倒!でもインスリンの世話にもなりたくないのであれば…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。