2017年03月18日

東ドイツ初の民主選挙で保守派が勝利


ベルリンの壁崩壊後東ドイツで初めての民主選挙が1990年3月18日
に行われております。

当初は社会民主党が最も強いとみられておりましたが、西ドイツ
のヘルムート・コール首相が率いるキリスト教民主同盟と同盟関係
にある東ドイツのキリスト教民主同盟が勝利を収めております。

東ドイツのキリスト教民主同盟は、早急な東西ドイツの統一を主張
する保守派ですが、他の2つの小党とともにドイツ保守連合を構成し、
西ドイツのキリスト教民主同盟の強力な選挙支援を受けて社会民主党
を破ったものです。

この結果、東西ドイツの統一が促進される基盤が整ったことになり
ます。


激動の東西ドイツ (1981年) -
激動の東西ドイツ (1981年) -

東西両ドイツの分裂と再統一 -
東西両ドイツの分裂と再統一 -

ドイツ史の終焉―東西ドイツの歴史と政治 -
ドイツ史の終焉―東西ドイツの歴史と政治 -
スポンサードリンク
posted by gyuchan at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
運動は面倒!でもインスリンの世話にもなりたくないのであれば…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。