2017年07月25日

エア・フランスのコンコルドが墜落


2000年7月25日、世界で唯一の超音速商業用旅客機であるエア
・フランスの「コンコルド」が、パリのシャルル・ドゴール
空港を離陸直後に異常が発生し、空港から9.5キロ離れたホテル
の敷地に墜落するという悲惨な事故が起きております。

この事故により乗員9名、乗客100名の搭乗者109名全員と墜落現場
付近にいた4名の合計113名が死亡し、10名以上が負傷する大惨事に
なっております。

コンコルドはニューヨークに向かう予定でした。
乗客は大部分がツアーのドイツ人で、チャーターされた臨時便でした。

コンコルドはフランスとイギリスが共同して開発され、当初は各国から
注文が多く出されましたが、衝撃波による騒音の問題や当時の燃費の
高騰などでキャンセルが相次ぎ、最終的にエア・フランスとブリティッシュ
エアウェイズの2社のみが運航していました。


Schuco Aviation コンコルド エールフランス航空 1/250スケール 403551652 -
Schuco Aviation コンコルド エールフランス航空 1/250スケール 403551652 -


ドイツレベル 1/72 コンコルド 英国航空 -
ドイツレベル 1/72 コンコルド 英国航空 -


NHK特集 コンコルド [DVD] -
NHK特集 コンコルド [DVD] -








2
スポンサードリンク
posted by gyuchan at 11:49 | 今日の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
運動は面倒!でもインスリンの世話にもなりたくないのであれば…
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。